レンタルサーバーの選び方

PHP


ホームページを作成していく際にPHPが利用されていますが、従来のホームページと違って動的にデータを作り出していくことができます。この動的なデータというのは常にデータが変化していくことに対応をしていることを指しています。企業ではPHPをメインとしたホームページを作成しており、大規模な開発をしていく際にも向いているといわれています。

PHPには様々な特徴がありますが、まずはWeb関連のアプリケーションに密接な関係にあるといわれています。CやJava言語に非常に似ており、平易な文法として利用をされています。データベースにも簡単にアクセスしていくことができるため、様々なデータベースをすぐに収集していくことができます。そしてPHPは、LinuxやApacheそしてMySQLを組み合わせによって使用される事が多くなっており、様々なシステムの開発で利用されています。

実際にPHPを動かしていくためには、まず動作が可能なウェブサーバーやテキストエディター、そしてファイル転送用のソフトが必要となります。最初にPHPが正常に動作するウェブサーバーですが、大半のレンタルサーバーで導入可能となっているように整っています。したがってレンタルサーバーを活用することによって、PHPは正常に動かしていくことができるでしょう。PHP4やPHP5が動いていますが、PHP4についてはサポート期間が終了しています。よってPHP5が主流になっていますので気をつけないといけません。

次にテキストエディターについてですが、改行コードや文字コードが自由に変えることができるテキストエディターを選ぶといいでしょう。Windowsに標準搭載されているメモ帳は、文字コードなどを変更していくできないため不便になってしまうことがあります。最後にファイル転送用のソフトですが、インターネット上で検索をすると出てきますので、下調べをしながらダウンロードしておくといいでしょう。

PHPとCGIには違いがありますので気をつけないといけません。そもそもCGIというのは、該当するプログラムがウェブサーバーの外部で起動していきます。出力した内容はクライアントへ送信していく方式になっており、主にPerlでプログラミングされています。そしてCGIは外部のプログラムとなるため、実行していくたびに負荷が大幅にかかってしまうことがあります。一方でPHPはリクエストする度にプログラムは起動しません。サーバーにも負担はかからないので、CGIより速く処理しています。

phpBB


インターネット上にある電子掲示板に提供されている機能となっています。phpBBというのはPHP言語という専用の言語で制作されたシステムとなっています。多言語化が他のシステムよりも比較的簡単になっており、日本語版でも複数のサイトで配布を行っています。
phpBBの概要を見ていくと、最近ではMySQLそしてPostgreSQLといった定番になっているデータベースだけでなく、MicrosoftのSQLサーバーOracle、さらにはSQLiteFirebirdといったデータベースにも対応しています。電子掲示板のモジュールとして活用されており、サイトの中でコンテンツを置く際にも利用をされています。そして権限の設定やアバター、ユーザーの登録や管理を行っていく際にも簡単になっています。他にもメール通知機能も備わっていますので、phpBBは利用できるツールといえるでしょう。

歴史を見ていくと、phpBBは2000年に公開されました。その後バージョンアップしたphpBB2がリリースされたのですが脆弱な状態になっている箇所が見つかり、ウイルス感染していくという事象が発生してしまいます。その後2006年に最新版のトライアルがリリースされ、徐々に完成形へと近づいていきます。現在主流になっているのがphpBB3で、日本語にも対応をしています。

使い方としては、まず最新版となるphpBB3.0.9をダウンロードしていきます。日本語版としてインストールを行っていく時には、本体の内容以外にも日本語対応をしているパッケージをサイトからダウンロードしてインストールを進めていきます。該当するフォルダにパッケージを置いていくことで簡単にインストールをすることができますので、ガイドを見ながら行っていくといいでしょう。最低10メガ近く容量が必要となりますので、確保をしていくといいでしょう。

アップデートを行う際にもサイトからパッケージをダウンロードしていきますが、パッケージの中にインストールに利用していくフォルダがありますので、そちらを利用しながらガイダンスに従っていくと簡単にアップデートができるようになっています。ただ日本語を使用していく時に問題点があり、文字コードによっては文字化けを起こしてしまうことがあります。最新版では文字化けの心配はほとんどありませんが、キーワード検索を行ってもヒットしないケースというのもあります。問題解決に向けては開発側で進めていますので、最新版を常にチェックしていくといいでしょう。

Ruby


Rubyはプログラミング言語の一種で、オブジェクト指向のスクリプト言語ともいわれています。このオブジェクト指向のプログラミングというのは、お互いにメッセージを送りあっていくオブジェクトが集まってプログラムが構成されていきますが、その技法として代表的な手法となっています。この機能によって、格段に開発がスピードアップしていますが、反復しながら自動化していくこともできます。1993年に生まれたRubyは誕生石のルビーから取って名付けられています。

主な機能としてはクラス定義やガベージコレクション、そして強力な正規表現処理などがあります。その他にもマルチスレッドや例外処理などもありますが、Perlを代替として利用することが可能となっています。これはRubyが開発されたが初期より重視されているものであり、Perlと同じように使っていくことができます。整数や文字列なども一緒に処理していくことができるようになっているので、純粋なオブジェクト指向となっています。

インストールに使用するプログラムを起動していきながら、Rubyを自分の端末へ搭載をしていくことになりますが、まずは使用許諾契約をチェックしていくことになります。承認をすることで次に進んでいくことができますが、インストール先を問われますので、内容を確認後選んで次に進んでください。必要なライブラリもここで搭載をしていくかどうか判断を行っていきます。その後でインストールが開始されていき、正常に処理を終えると、自端末に表示されます。こうしてインストール作業が完了となります。

Pythonスクリプト


Pythonというのは多くで使用している汎用型のスクリプト言語となっています。そもそもスクリプト言語というのはプログラミングを形成している言語の一種であり、OSだったりアプリケーションの動作を行っていく際にプログラムや機能について記述を行っていく際に利用されています。これで実行可能にしていく形式に変換していく作業などを省略したり自動化をすることによって、記述量が少なくても実行していくことができるようになっているプログラミング言語となっています。仕様や開発の手順を簡略化していくことでスピーディーにしていくことができます。

Pythonはオランダ人が開発したのですが、プログラマーの生産性やコードの信頼性について意識をしながら設計が進められていきます。核となっているシンタックスやセマンティクスというのは、必要最小限になっているのですが利便性が高い状態になっています。そして大規模になっている標準ライブラリをPythonでは備えています。文字列操作は一般的なUnicodeを利用しており、日本語の処理も標準機能となっていますので、円滑に処理を行っていくことができます。様々なプラットフォームをPythonではサポートしていますので、豊富なドキュメントやライブラリによってビジネスでも多様化されています。

特徴としてPythonは、動的にタイプを作り出したり合致させていくようになっています。コードがしっかりと読み取れるように言語を設計していますので構文によって他の言語と比較をしても少ない行数によってプログラムが表現されていきます。複数のプログラミングを並行してサポートを行っていますので、便利に活用していくこともできるでしょう。


ホームページを作るならお名前ドットコムのレンタルサーバー!