レンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーの稼働率


サーバーを利用できるかどうかを判断するためにサーバー稼働率がチェックされることがあります。このサーバー稼働率は今後サーバーを利用しても負担をかけずに問題なく稼働するかどうかをチェックしたり、システムが停止をしてもすぐに復旧をするかを見ていくことができますので、最初にチェックすべきポイントにしている企業も少なくありません。

近年はクラウドによるサービスだったり、通信関連サービスにおいて可用性を見ることが多くなっています。その中で一つの指標としてサーバー稼働率が見られることがありますので、運営側もベストな稼働率を算出できるようにしなければなりません。

サーバー稼働率は稼働している全ての時間からシステムが停止している時間を差し引いて、全時間で割った数値がサーバー稼働率となります。システム停止時間というのはシステムが完全に停止した後から稼動ができるように復旧するまでかかってしまう時間の合計になります。したがってサーバーの故障回数が少なくなっている、または故障よりサーバーが復旧していくまでの時間がとても短いという状況になると、サーバー稼働率は高いということになります。稼働率を試算していくことによって、安定しているのかどうかをチェックすることになりますが、クラウド化を考えているのであれば、年間で数時間停止するだけでもインパクトが大きい障害となってしまいます。一般的には年間で9時間止まってしまうと厳しいといわれており、稼働率は99.9パーセント以上が求められています

システムが停止する時間は短いほうが理想的と言われていますが、サーバー稼働率が高ければ高いほどコストが大きくなってしまうのがデメリットとなっています。実際に企業に取り入れようと考えた時にはベストなサーバー稼働率と低コストになるように調節をすることが重要となってくるのです。自社のシステムのサーバー稼働率が、どのあたりがベストなのかを判断するのもポイントとなってくることでしょう。

各企業ではサービスのレベルを決めており、停止している時間まで見られてしまうことがあります。この条件に合っていなければ、該当するサーバーを利用することができないという仕組みになっています。そして稼働率も詳細を見ていくと各企業で異なってきますので、一概に数値だけを見て稼働率がいいということも言えません。サーバー稼働率をしっかりと読み解くには、サービスの停止時間や障害対応を確認していくことが大切になっていくのです。


ホームページを作るならお名前ドットコムのレンタルサーバー!