レンタルサーバーの選び方

ホームページを開設

自分のホームページ、会社のホームページを作るうえで知っておかなければならない知識はそう多くはありません。だから少し勉強しただけでホームページは誰でも簡単に作ることが出来ます。ここではその基本的なホームページの作り方をお伝えします。あくまでも基本的な事だけですのでそれで十分だとは思いませんがホームページをどのように作れば出来るのかを知らない人でも今すぐホームページが作れるようになる知識をお伝えしたいと思います。

まず、今あなたが見ているこのページはHTML言語(XHTML言語)で制作されています。難しい話に聞こえるかもしれませんが「ページ」の「ソースを表示」というので確認することが出来ます。これによって文字の位置や色、画像の表示などを表しています。だからホームページを制作するのに必要な知識はHTML言語と呼ばれるものを勉強しなければなりませんと言いたい所ですが、それを知らなくてもホームページを作ることが出来るソフトがあります

それがホームページビルダーやホームページV3といったソフトが代わりに行ってくれます。だから最初はそのソフトの使い方を勉強すれば簡単にホームページを作ることが出来ます。ただ、それでも最終的にはある程度の言語の知識は持っていたほうが良いのですが少しづつ学んでいけば良いので取っ掛かりはこのホームページ制作ソフトを活用してホームページを作りましょう。

実際に私もある程度、HTML言語を理解しておりますがこれらのソフトを使ったほうが便利なので今でも使用しています。これで簡単に初心者でもホームページを作ることが出来ます。

ホームページを公開する為に

ホームページ制作ソフトでホームページを作ったとしてもそれはあなたのパソコンの中だけです。当然ですがそれを公開しなければ誰も見ることが出来ません。それを公開する場所を提供しているのがサーバーです。ホームページを閲覧している人はあなたのパソコンの中を見せている訳ではありません。パソコンで作ったホームページをアップしているサーバーを閲覧しているという事です。

そのサーバーは無料もあれば有料のものもあります。意図しない広告や独自ドメイン、SEOなどを考慮すればそんなに高くないので有料のレンタルサーバーをお勧めします。そして好きなドメインを取りましょう!ドメインは簡単に言えば住所です。この当サイトで説明すればrentalservercompa.comです。レンタルサーバーを借りてドメインを一つ取得すればそこにFTPというファイル転送ソフトを使ってパソコンで作ったホームページをアップすれば公開されます。

ファイル転送ソフトとは?

ホームページにデータを置くということになると、自分のパソコンからサーバー上へデータを転送しなければなりません。そこで無料または有料で提供されているファイル転送ソフトを利用するといいでしょう。転送用のシステムをFTPと呼ぶことがありますので、実際に使ってみて困る点があったら確認をしていくといいでしょう。

どうしてもファイル転送ソフトを使ってもデータを転送することができないというケースもあります。そこで色々な設定内容をチェックしていかなければなりません。まずサーバーに関する情報をファイル転送ソフトへ入力していくことになります。この時に接続ができないというのであればファイル転送ソフトへ設定している内容が、提供されている内容と異なっているケースがあります。特に気をつけたいのがアカウント名IPアドレス、そしてユーザー名パスワードです。これらのどれかが一つでも間違っていれば、接続をすることができず、ファイル転送を行うことができないので注意しなければなりません。

ファイル転送ソフトを使っていくと、サーバーに制限がついていることを知ることもあります。サーバーも無限ではありませんので、時には制限いっぱいになってしまうことがあります。そこでファイル転送ソフトを利用して自分のパソコンへデータを退避させていくということも可能です。つまりファイル転送ソフトは自分のパソコンとサーバーの間でしっかりと転送するファイルの行き来をすることができます

使用をする時にはファイアウォールの設定も注意しなければなりません。ウイルス混入を防いでいくためには、壁としているファイアウォールを利用したいところですが、サーバーによっては解除をしないと転送ができないということもあります。転送をする時にはセキュリティ上で問題がないかをチェックしておくことも大切になっていきます。ファイルの種類も気をつけないといけません。例えばホームページをアップするために作った画像を、テキスト形式で送信してしまうと、全くサーバーで利用できなくなってしまうというケースも発生します。

ファイル転送ソフトで自動的に判別をして転送を行うソフトも有りますが、時には自分で選択をしないと行けないケースというのも発生します。ファイル形式がテキストファイルなどであれば文章を閲覧することができるアスキー形式に、一方で画像や圧縮ファイルなどはバイナリ形式で転送をするといいでしょう。ファイル転送ソフトはインターネットで検索をすると色々と出てきますので、一度検索をしてみるといいでしょう。


ホームページを作るならお名前ドットコムのレンタルサーバー!